一流企業の福利厚生でマッサージルームが社内に!?

マッサージルームのベッド

「Photoshop」「Illustrator」など、デザイン系のお仕事をされてる方なら日常的にお世話になってるであろうAdobe。
世界標準となりつつあるデザインツールを提供する一流グローバル企業のAdobe社の福利厚生が素晴らしいので、その一部をご紹介します!

Adobeでは、福利厚生において2つの大原則「社員が持てるパフォーマンスをフルに発揮できる環境を用意する」「社員が安心して働ける環境を用意する」を掲げているそうです。その原則にそって設けられている福利厚生の一例で、社内に「マッサージルーム」を設けています!
Adobe社員は、これを気軽に低価格で利用できます。これが大人気で多くの社員の健康をサポートしています。
その人気の理由は、施術者の「技術力」と「雰囲気」にあるそうです。
技術力はもちろん必要です。普段から仕事でパソコンを長時間使用している社員は首こり・肩こりなどの悩みが多いのです。社員が最高のパフォーマンスで仕事をするためにそんな身体の悩みを改善してくれます。
そして、技術力だけでなく雰囲気も人気の理由。マッサージルームのヘルスキーパーは、社員の業務に直接的な関係がないためプライベートなことも話しやすいそうです。身体だけでなく気持ちの面でもリフレッシュできるマッサージなんですね。

僕は、現代人の多くが自らの健康を軽視しすぎではないか?と思っています。身体の不調に慣れてしまいドンドン悪化してしまってから病院に行くでは遅いです。美容院に行くような感覚で身体のメンテナンスをしに行くのが当然になる文化になれば、イキイキと働ける人が増えることだろうと思います。
このAdobe社の取り組みは、社員の健康思考を育むステキな取り組みだと思いました!

関連記事

  1. 川越の老舗喫茶店「アートカフェ エレバート」に入ってみた。

  2. 川越の献血センター

    川越献血センターに行ってみた

  3. 川越うなぎ屋いちのやの玄関

    川越の老舗うなぎ料理店「いちのや」で絶品体験!

  4. 川越猫カフェ猫家の階段

    川越の猫カフェでリラックス

  5. リラクゼーションサロンのドライフラワー

    いろんなお店を見て審美眼を磨こう。

  6. 他店体験♪ Dr.ストレッチの初回お試しコース